格安シム(SIM)&格安スマホ乗り換えするなら

格安シム(SIM)に乗り換えたい、格安スマホに変えたいと考えている方に今一番注目されているMVNOを紹介。乗り換えるのに知っておいたほうが良いメリット・デメリットを1つずつ取り上げておりますのでご覧ください。
MENU

格安SIMはこれからが替え時だ!

こんにちは。格安SIM案内人のシムタロウです。
DOCOMOやau、ソフトバンクのいわゆるキャリアスマホを利用している人は、最近の利用料金に満足しているという人は案外少ないのではないでしょうか。
それもそのはずで、どんなに契約プランを考えて組んでも、6,000円を下回ることはないからです。
ネット利用という名目で既に3,000円以上払うことが前提になっており、加えてスマホの分割払いも乗っているので、割高感は拭えないですよね。
そこで選択肢として出てくるのが格安SIMや格安スマホです。
プランによって、格安SIMはキャリアスマホで払う利用料金の3分の1で済んでしまうこともよくあることです。
かく言う僕、シムタロウもUQMobileの格安SIMに乗り換えており、月々の支払いは2,500円程度に収まっています。
「マジかよ!」と思っている方もいるかと思うので、実際に支払っている請求明細を画像でお見せしますね。
UQモバイル利用料金

 

利用形態はほぼネットやSNS、メールしか使っていません。
街なかで普通にネットは利用しますが、ゲームなど通信量が大きいものは自宅WiFiで使うようにしています。
通話もできるプランにしていますが、電話はほとんど使っていません。
でも、こういう使い方をしている人はキャリアスマホの人にも多いハズで、同じ利用形態なのに利用料金は3倍もの差が出ているのです。
このサイトでは、そろそろ利用料金を見直したいと考えている方へ格安SIM、格安スマホについてオススメしたいメーカーさんを紹介させていただきます。

とりあえず失敗しない格安SIMにしたいなら「mineo(マイネオ)」がマスト!

mineo

格安SIMと言っても、よく分からん!なんか良いやつ教えてよ!という人、多いと思います。
シムタロウも本当ならズバリ教えてしまいたいです。
なんせ、MVNOメーカーはザッと挙げ連ねるだけで20ブランドはあります。
結局決められなくて、もうこのままで良いや…、とつまづく人もいます。
そうはなって欲しくないので、敢えて1社挙げるならということを前提で言うなら「mineo(マイネオ)」だと思います。
mineoの最も良い点は通信速度が安定しているというところです。
時間帯にあまり左右されず、安定した利用環境を得られます。
開通を対応する店舗数も100以上あり、全国区になっています。
mineoのウェブサイトでは、質問もチャットやTwitterで行える充実さがあります。
au利用者もDocomo利用者も使えるので、乗り換えのしやすさナンバーワンと言えます。

 

mineoの詳細ページ mineoの公式ページ


auスマホをそのまま使うならUQ mobileに乗り換えれば問題なし!

UQ mobile

もうCMでもおなじみですが、auスマホをそのまま使い続けたい、SIMカードだけ格安SIMに乗り換えて利用したいと考えている方はUQ mobileをオススメします。
シムタロウもUQ mobile利用者です。
Xperia Z1を利用していたのですが、新しいスマホを購入する余裕もないし、利用料さえ抑えられれば良かったので、UQ mobileにしました。
また、auスマホは他社と違う通信方式なので、乗り換えられる格安SIMがとても少ないんです。
おそらく、まともに対応するのはmineoとUQ mobileの2社ぐらいだと思います。
しかし逆に考えれば、2社のどちらかで選択すれば良いわけで迷う要素がほとんどないとも言えます。
UQ mobileの良い点は、やはり安定した通信速度。時間帯にそれほど左右されない印象があります。
auの通信網を利用するのと、auの通信方式がそのまま採用されているから、それが他社との差別化になっていて通信帯域が逼迫されないという利点になっています。
シムタロウが気に入った点はもう一つあって、Wi2 300というフリースポットがタダで利用できるということです。
全国に6万ヶ所のアクセスポイントがあるので、ちょっとした動画再生や調べ物で利用して、通信料削減に一役買っています。
毎月の請求額が2,500円程度に収まっているのも納得できますよね。
さらにデータ専用SIMを選択したとしても、SMSが無料なのも魅力です。

 

UQ mobileの詳細ページ UQ mobileの公式ページ


家族まとめて乗り換えたいと考えているなら、IIJmio(みおふぉん)でしょう

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)は格安SIMのパイオニアといっても良い業者です。
今でこそ当たり前な安価な料金プランやデータチャージといったものは、みおふぉんから始まったようなものです。
47都道府県どこでも手に入る販路の広さもあり、お住いの地域にビックカメラがあれば専用カウンターが設置されていますので、気になることは直接確認することが出来ます。
みおふぉんの特筆すべき点は、1契約で最大10枚までSIM発行が可能なことでしょうか。
ひと家族まとめて格安SIMに乗り換えるといった場合は、他の格安SIM業者だと1契約1枚が当たり前ですので、枚数分の契約手数料とSIM購入費がかかります。
みおふぉんの場合は、追加手数料は1枚につき2,000円、SIM購入費は1枚400円の出費で済んでしまいます。
専用アプリも用意されているので、高速・低速読み込みを切り替えて通信量を抑えることもできます。
通話定額オプションもあり、家族との無料通話サービスが最大30分以内でかけ放題にできます。
1回の通話が30分以内なら無料になるのは大きなメリットですよね。
(注:通話し放題にするには、みおふぉん専用アプリを経由してのダイヤル発信が必要です)

 

IIJmioの詳細ページ IIJmioの公式ページ


通話を安く、もし乗り換えたいときでも違約金が安い「BIGLOBE SIM」

BIGLOBE SIM

データ通信よりも通話重視で考えているなら、BIGLOBE SIMはいかがでしょうか。
650円/月で最大60分まで通話ができます。もし60分を超えてしまっても、10円/30秒の超過料金です。
他社では特別なプランでない限り、20円/30秒が通常の通話料金だということを考えると、超過したとしてもかなりお得だということが分かると思います。
音声通話が付いたSIMで3GBのプランの場合、月額利用料1,600円+通話パック60(上記のサービス)で2,250円になりますので、とてもお財布に優しいことが分かります。
また、万が一乗り換えたい場合でも、他社では違約金が1万円前後なのに対し、BIGLOBE SIMは8,000円とこちらも割安な設定になっています。
データ通信は他社よりも際立って高速というわけではありませんが、タイムラグのない安定した速度が提供されています。

 

BIGLOBE SIMの詳細ページ BIGLOBE SIMの公式ページ


防水も防塵もついて、おサイフ機能も揃った最強格安スマホ「arrows M03」

arrows M03

格安スマホとはいっても、防水と防塵はマスト、出来るだけ機能はキャリアスマホと同等のものがあったほうが良いと考えている方にオススメしたいのは富士通のarrows M03です。
CPUはSnapdragon 410、クアッドコアの一世代前のスマホという感じですが、バッテリー容量は2580mAhもあり、ワンセグもついています。
防水・防塵、耐衝撃性能も備えているので、キッチンやお風呂、アウトドアでも気兼ねなく使えますね。
ワンセグは専用ロッドアンテナが搭載されているので、安定したTV視聴が期待できます。
また、公共交通機関には欠かせないおサイフケータイもついているので、Suicaなどの交通系サービスはもちろん、WAONやEdyなどの電子マネーにも対応しています。
シムタロウも利用しているXperia Z1が調子悪くなったら乗り換えようと考えている機種です。
ほぼ全部入りスマホなので、取り扱っているブランドも多いですね。
実売価格も3万円程度で提供している店舗が多いようです。

 

UQ mobileの詳細ページ UQ mobileの公式ページ


このページの先頭へ